直腸に起きるがんと治療|心が悲鳴をあげたなら更年期障害の疑いがある

心が悲鳴をあげたなら更年期障害の疑いがある

直腸に起きるがんと治療

腹痛

遺伝に気をつけること

直腸がんとは、直腸と呼ばれる部分にがんが発生することで遺伝の影響を強く受けると考えられています。直腸がんの罹患者がいると必ずがんになるというわけではないですが、がんになるリスクは大きいと言えます。また、リスクが全くない人の場合でもがんになることはあるので注意が必要ですがまずは遺伝の可能性がないか確かめることも大事です。親や兄弟、子供で直腸がんやポリープがあった人の場合は遺伝しやすいと言われています。また、直腸に問題がなくても乳がんや子宮がん、卵巣がんにかかったことがある人は注意が必要です。40歳以上の中高年世代に発症が多くなるので、リスクがある場合は特に定期的に直腸の検査を受ける必要があります。

症状に気付けるようにする

直腸がんの場合、症状が出やすく自分で異常を感じることが出来る為早期発見も不可能ではありません。下痢や便秘を繰り返す日々が続いたり、排便後にも便が残っているような感じがすることもあります。その他には、細長い便が出たり血便が出るなどの症状もあります。また、体重が急激に落ちたり食欲不振、疲れが溜まるなどといった症状も代表的です。特に、便の異常に関しては毎日よく便を観察していれば気付くことが可能なので少しでも異常が感じられたら早めに病院に行くと良いです。病院では、症状に合わせながら外科手術か放射線治療、もしくは抗がん剤を使った治療が行われますが治療を早く始めることでその分体の回復も早くなると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加