抗がん剤の種類を知る|心が悲鳴をあげたなら更年期障害の疑いがある

心が悲鳴をあげたなら更年期障害の疑いがある

抗がん剤の種類を知る

手

悪性リンパ腫は身体の特定の部分に発症するわけではありません。リンパ節は身体のどこにでもありますので、極端な言い方をすればどこにでも発症する可能性があると言えます。そもそも悪性リンパ腫とはリンパ節から発生する血液のがんのことだからです。悪性リンパ腫は統計的に年々増加傾向になります。人口10万人あたりで40人が悪性リンパ腫です。発症する年齢は比較的遅くて65歳以降の高齢者に多く見られるがんです。若い人にはあまり見られません。発症しても初期においては自覚症状がないので早期に発見することは難しいですが、首、手首、足首の3箇所が腫れることがあります。しかも、痛みを伴わない場合は初期の悪性リンパ腫の可能性が高いです。

悪性リンパ腫を治療するには抗がん剤がありますが、実は悪性リンパ腫の種類に応じて投与される薬が異なります。ホジキンリンパ腫であればABVDという抗がん剤を用いるのに対して、非ホジキンリンパ腫であればCHOPという抗がん剤が適用されます。悪性リンパ腫がかなり拡大している場合は抗がん剤だけでは不十分なので、放射線療法も行われることが多いです。この放射線用法とはX栓などの放射線をリンパ節に照射する治療法のことです。合併症を引き起こしていても局所治療ですので、治療が可能な場合があります。他にもモノクローム抗体療法といった治療方法もあり、健康保険の適用が可能になりました。治療方法にはいろいろなものがありますので、医師と相談した上で決めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加