心が悲鳴をあげたなら更年期障害の疑いがある

抗がん剤の種類を知る

手

悪性リンパ腫は身体のどこにでも発症する可能性を持っています。首、手首、足首が腫れる症状が出ます。また、治療方法としては抗がん剤の投与がありますが、リンパ腫の種類に応じて用いられる薬の種類が異なります。

More Detail

更年期になると感じる不調

下を向く婦人

早い人で40歳を過ぎると発症する更年期ですが、この時期で最も辛いのがそれに伴い出てくる更年期障害です。更年期障害にはイライラや憂鬱、手足の冷えや耳鳴り、動悸や疲れやすい、睡眠障害や肌の乾燥等が見られます。当てはまるのが3個以下であれば問題ありませんが、4個以上ある場合は症状が進行する可能性があるため、生活を見直すと良いです。症状の出方が少ないなら、野菜中心の食生活にしたり適度な運動を取り入れると良いですが、進行すると医療機関を受診する必要があります。医療機関には更年期障害の悩みを抱えている人に向けた特別な診療科目があり、婦人科や女性外来を受診します。進行状況や症状によって診断内容は異なりますが、ホルモン補充療法や漢方等が処方され、辛い悩みを楽にしてくれます。これは医療機関に行かないと受けられない治療となるため、一人で悩まずに専門医に相談する事が大切です。

更年期障害は気付くと進行している場合もあるため、進行を遅くするには、日常生活を見直す必要があります。食生活や運動、暴飲暴食や喫煙、日頃の服装や自宅での過ごし方、ストレス等を細部に渡るまでチェックします。手足の冷えやだるさ、肩こりや睡眠障害は、体の冷えが原因となる場合もあるため、腰回りや手首や足首を冷やさない服装を心掛けると良いです。また子宮と卵巣をケアするポイントは温める事なので、入浴やシャワーマッサージを行うと血流が良くなり、機能を高める効果があります。健康に直結するという意味では一番効果的なのが食事改善であり、野菜や魚、酢を中心とした食事に改善すると良いです。酢は血圧やコレステロールのコントロール、代謝の促進等が期待できるため、老化を防ぐ効果があります。

直腸に起きるがんと治療

腹痛

直腸がんは、遺伝しやすい病気である為家族に罹患者がいる場合はリスクが大きくなるので定期健診は欠かさないようにします。症状に関しては便の異常など比較的自分でも気付きやすいので、早めに病院を受診すると良いです。

More Detail

胃の粘膜のがん細胞

お腹を押さえる男性

初期の胃がんは、内視鏡で治すことができます。がん細胞によって粘膜が盛り上がっている場合もえぐれている場合も、内視鏡のスネアで切除できるのです。しかし粘膜における変化の少ないタイプの胃がんは、発見が遅れがちです。それでも胃痛や消化不良などの胃からのサインは出てくるので、それを見逃さないことが大事です。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加